為替介入とは?

為替介入とは、国の通貨当局が外国為替市場に対してい、影響を与える目的で通貨の売買を行うこと。たとえば、日本の通貨当局が円安ドル高に動かしたいと思ったときに、大量のドル買いを行うことで思惑の方向に為替レートを操作すること。為替介入は財務大臣の権限において実施される。

一国だけの判断で行う「単独介入」、複数の通貨当局が協議の上実施する「協調介入」などがある。また、実際には介入は行わないものの、為替水準にたいしての指摘を行う「口先介入」、大手銀行などに現在の為替水準を訪ねる「レートチェック」などもある。

参考リンク
・なし

用語「為替介入」は2012年2月現在にかかれたものです。内容の完全性は保証いたしません。ご注意ください。また、時事的な情報については特にご注意ください。

用語一覧

あ行
オーストラリアドル
インターバンク市場
円安
円高
オンラインバンキング

か行
外貨預金口座
外貨貯蓄預金
外貨定期預金
外貨普通預金
外貨送金
外貨宅配
外貨MMF
外国為替証拠金取引
カナダドル
為替介入
為替差益
為替差損
為替相場
為替手数料
カントリーリスク
基軸通貨
銀行間市場
高金利通貨
公表相場
固定相場

さ行
雑所得
資源国通貨
自動継続
スプレッド
政策金利
総合課税

た行
・ダイレクトバンキング
・中国人民元
・通貨の切り上げ
・通貨の切り下げ
・店頭表示利率
・トラベラーズチェック(T/C)

な行
・仲値

は行
・ハードカレンシー
・変動相場
・フォレックス
・法定通貨

ま行

や行
・約定金利
・ユーロ

ら行
・利子所得
・リフティング・チャージ
・流動性
・レートチェック

わ行

英数字
・FX
・ISO4217
・TTS
・TTB

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。