外貨普通預金

日本円の普通預金と性質は同じです。ただし、外貨として引き出すことは通常できません。いつでも、円に換金し直すことが可能なので流動性が高い外貨預金です。ただし、外貨定期預金と比較すると金利水準は低くなっています。決済期間、期限に定めはありません。外貨ベースでは元本保証となります。

外貨普通預金とは

外貨普通預金とは、外貨預金の中でも最もベーシックな預金となっています。
いつでも換金が可能という流動性は高いものの、外貨定期預金と比較すると金利面が低くなります。

金利

変動金利タイプ
預金金利は「外貨定期預金」に劣るのが一般的です。

満期・決済期限

定めなし

中途解約 いつでも可能
預金通貨

取り扱い外貨

最低預金単位

通常は1通貨単位以上

預金方法

・円普通預金からの振り替え
・海外等からの振込
・海外小切手の換金 など

元本について

外貨ベースでは銀行によって保証されています。ただし、為替レートの変動によって円ベースでの元本が割れるリスクはあります(為替リスク)。

預金保険(ペイオフ)

外貨普通預金は預金保険の対象外となります。そのため、万が一外貨普通預金に預けている銀行が破綻した場合には元本が保証されない可能性があります。

下記に外貨普通預金の商品性・スペックを記載しております。ただし、あくまでも一般的な都銀等での対応を記載したもので銀行によって違いはあります。詳細は対象銀行のホームページなどをご参照ください。

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。