外貨預金のしくみ

外貨預金は円(日本円)を米ドルやユーロといった外国の国の通貨と両替し、それを銀行に預ける形となります。預けられた外貨預金は外貨として銀行で運用され、円預金と同じように預金者に対しては一定期間ごとに利息が支払われます。この利息も外貨で支払われます。

外貨預金は外貨を銀行に預ける預金

外貨預金も円預金も性質は同じです。

円預金は円を銀行に預けて私たちの分かりに運用してもらって(融資などで)、その代りに利息を受け取るという商品ですよね?
外貨預金もそれと同じで、銀行に外貨を預けてその外貨を運用してもらって、利息を受け取るという商品です。銀行は預かった資金を「外貨」で運用しているので、外貨によって受け取ることができる利息も異なります。

 

外貨預金の預け方

外貨預金といいますが、外貨(たとえば米ドル)を直接持って行って外貨預金に預けるということは基本的にはできません。円を持って行って(円預金をして)、それを外貨に銀行で替えてもらうという形になります。
ですから、海外旅行などで余った外貨をそのまま預金するというのはできないようです。

 

外貨預金の下ろし方

外貨預金を下ろす時(引き出す時)は原則として円に戻す必要があります。ですから、普通の銀行で預けている外貨預金を使って、海外でお買い物というわけにはいきません。(これは銀行に改善を期待したい点です)
住信SBIネット銀行の外貨預金と、ソニー銀行の外貨預金なら、クレジットカードを使う方法で外貨(米ドル口座)から米ドルで決済することもできます。

また、外貨の送金だけでよければ、都市銀行シティバンク銀行などが対応しています。また、シティバンク銀行はT/C(トラベラーズチェック)としての出金なら手数料無料で可能です。

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。