円高と円安

外貨預金を始める前に絶対に抑えておきたいのが、「円高」「円安」という表現です。特に始めて為替取引を始める方は勘違いすることが多いので、円高がどういうことを意味するのか、逆に円安が何を意味するのかをしっかりと理解しておきましょう。

円高とは?

円高というのは、取引相手の通貨に対して円の価値が上がることです。
たとえば、1ドル90円のところが1ドル80円になることを「円高」と言います。これは他の国に対しても同じで、1ユーロが110円のところが1ユーロ100円いなることを「円高」といいます。通常は対象となる国の通貨と併せて「円高ドル安」「円高ユーロ安」といったように表現します。

ちなみに、外貨預金で「米ドル」や「ユーロ」など他国の通貨を買っている状態で円高になると「損」をします。
「あれ、円の価値が上がるのに損するの?」と思う方が多いようですが、外貨預金で「米ドル」や「ユーロ」で預金するということは「円を売ってドルやユーロを買う」という投資となりますので、投資した後に円高=ドル安、ユーロ安になるということは買った米ドルやユーロが値下がりしたということになるわけです。

逆に、外貨預金を始めるというのであれば、円高の時がチャンスというわけです。(少ない円で沢山の外貨が買えるから)。

 

円安とは?

円安というのは、円高の反対で取引相手となる通貨に対して円の価値が下がることです。円高についての説明の反対の意味になります。
外貨預金をしている人にとっては、円安になることで、投資した米ドルや、ユーロの価値が上がり、円に戻した時のお金が大きくなります。

ちなみに、円安の状態で外貨預金をする場合は、さらなる円安にならないと投資的価値はありません。逆に今後は円高になると予想している場合は「外貨預金をしない」という選択が一番賢い戦略となります。

ただし、最近では「FX(外国為替証拠金取引)」といって、外貨の空売りが可能な取引もあります。
積極的な為替売買がしたい方はFXもおすすめです。FXなら、円安の時にはドルやユーロを空売り(ショート)することで予想通り円安方向に動いた場合に利益を得ることができます。

参考リンク:円高・円安のしくみ

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。