為替レートが変動する理由

為替レートはインターバンク市場という市場で取引されることで決まることが分かりました。ここでは、実際になぜ為替レートが変動するのかという理由について説明します。為替レートはその国の経済的な強さや金利状況、信用状況などが大きく影響を与えます。

為替レートが変動する大きな理由

為替レートが変動する仕組は「買いたいという人の需要の大きさ」と「売りたいという人の供給の大きさ」のバランスで決まります。円を買いたい人が多ければ円高になりますし、逆に売りたいという人が多ければ円安となります。

ただ、その具体的な理由にはどんなものがあるのでしょうか?ここではそれぞれの理由を分解して分かりやすく解説していきます。

 

企業の資金決済(実需筋)

いわゆる「実需筋」と呼ばれるものです。グローバル企業など大きな会社の場合、決済等に使うお金の大きさも相当なものです。たとえばトヨタがアメリカで販売した車の代金として受け取った米ドルを日本に持ってくる際に円に替えるといったような取引などがこれにあたります。
ただし、金融取引の発達により、実需筋の与える影響は相対的に小さくなっているのが現状です。

 

 

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。