外国為替の基本

まずは、外貨預金について知る前に最低限抑えておきたい「外貨(外国為替)」についてのポイントを解説します。外貨(外国為替)について理解を深めればそれだけ、それを使った運用である外貨預金についての理解も早くなります。

外国為替とは、異なる国の通貨同士を交換すること

まず、外国為替という言葉ですが、これは円や米ドル、ユーロなどの異なる国(地域)の通貨同士を交換することです。それぞれの国では異なる通貨をそれぞれの「中央銀行」と呼ばれる銀行が発行しています(日本の場合は日銀)。

ただ、グローバル化した世の中では、国の中だけで経済が完結することはありません。国や地域を超えて、人、物、サービスが行き来しています。

そうした中、異なる国の通貨同士には「交換基準」が必要になります。これが「外国為替レート」と呼ばれるものです。この為替レートが定められることにより、通貨が違う国同士でも取引をすることができるわけです。

 

為替レートはどうやって決まる?

通貨同士の交換基準として「為替レート」があることは分かりましたが、そのレートは具体的にどのように決まるのでしょうか?まずは、異なる国の通貨同士の価値(交換基準)をどのように決めるのか?また、その根拠は何なのかを知りましょう。

 

円高と円安

外貨預金を始める前に絶対に抑えておきたいのが、「円高」「円安」という表現です。特に始めて為替取引を始める方は勘違いすることが多いので、円高がどういうことを意味するのか、逆に円安が何を意味するのかをしっかりと理解しておきましょう。

 

為替レートが変動する理由

為替レートはインターバンク市場という市場で取引されることで決まることが分かりました。ここでは、実際になぜ為替レートが変動するのかという理由について説明します。為替レートはその国の経済的な強さや金利状況、信用状況などが大きく影響を与えます。

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。