外貨預金で銀行を徹底比較>外貨預金の基礎知識

外貨預金の基礎知識~外貨預金とは~

外貨預金というと定期預金などの銀行預金の延長線で考える方も多いかと思います。しかし、外貨預金はその他の円預金とは大きく異なる点も多数あります。ここでは、そうした普通預金との違いを比較しながら外貨預金の基礎を学びます。

外貨預金というのは、私たちが普段行っている円預金と同じように、それを米ドルやユーロといった「外貨」で行う預金です。円預金と同じように「外貨普通預金」「外貨定期預金」があります。外貨預金にも円預金と同じように金利がつきますが、その金利水準は原則として、その外貨を発行している国の金利水準となります。

外国為替の基礎知識

まずは、外貨預金について知る前に最低限抑えておきたい「外貨(外国為替)」についてのポイントを解説します。外貨(外国為替)について理解を深めればそれだけ、それを使った運用である外貨預金についての理解も早くなります。
為替レートはどうやって決まる?
円高と円安
為替レートが変動する理由

 

外貨預金のしくみ・預け方

外貨預金は円(日本円)を米ドルやユーロといった外国の国の通貨と両替し、それを銀行に預ける形となります。預けられた外貨預金は外貨として銀行で運用され、円預金と同じように預金者に対しては一定期間ごとに利息が支払われます。この利息も外貨で支払われます。

 

外貨預金の手数料・コスト

外貨預金は円を外貨に両替する必要があります。また、預金していた外貨預金を円に戻す際にも両替をする必要があります。このとき、為替手数料という手数料が発生してしまいます。結構この外貨預金の手数料は曲者で、手数料率でみるとかなり高額となってしまうケースが多いです。

 

外貨預金の金利・利息

外貨預金は銀行に外貨を預ける預金です。そのため預けている外貨は、その運用されている外貨の金利水準となります。通貨の金利は通常国ごとにことなります。たとえば米ドルならばアメリカの金利、豪ドルならオーストラリアの金利といった具合です。高金利の国の通貨で外貨預金をすればそれだけ高い金利を受け取ることができます。

 

外貨預金の種類と特徴

外貨預金と一口に言っても外貨普通預金から外貨定期預金、外貨仕組預金など様々な種類があります。ここでは、一般的に銀行で取り扱われている外貨預金についての特徴などを解説していきます。
外貨普通預金
外貨定期預金
・外貨仕組預金

 

外貨預金の税金

外貨預金で「所得」が発生した場合、その所得に対しては税金がかかります。外貨預金・外貨定期預金で発生する税金は大きく「利子・利息」に対する税金と「為替差益」に対する税金という二つの税金があります。ここでは、外貨預金投資をするうえで押さえておきたい税金の基本を解説します。

 

外貨預金とペイオフ(預金保険)

ペイオフ(預金保険)とは、預金をしている銀行が万が一倒産等の状況に陥って預金者に対して預金を返せない状態になった時に、預金者に対して預金を一定額保護する制度となっています。ところが、外貨預金に関してはこのペイオフ(預金保護)の対象外となっており、保護されません。

 

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。