通貨の選択とポイント | 外貨預金運用ガイド

外貨預金は選択する通貨によって金利はもちろんですが、為替レートの値動き、リスクなどが異なります。自分がどの通貨に投資するのを前もってしっかりと考えるようにしましょう。ここでは、外国通貨ごとの特徴や具体的なリスクなどを分かりやすく解説していきます。

世界三大通貨は「米ドル」「ユーロ」「円」

世界における流通量が多い通貨として「米ドル」「ユーロ」「円」が世界三大通貨と呼ばれています。最近では中国や新興国の台頭によってこのほかの国の通貨も影響度が上がっていますが、現時点ではこの3通貨が国際的な主要通貨です。

中でも米ドルは世界の基軸通貨として存在してます。

円はもちろん、みなさん持っていらっしゃいますから、まずは「米ドル」「ユーロ」といった主要国通貨での運用を考えるとよいかと思います。

 

ローカル通貨への投資は値動きに注意

最近人気の外国通貨としては「オーストラリアドル(豪ドル)」や「ニュージランドドル(NZドル)」、「トルコリラ」、「南アフリカランド」などが人気です。
人気の秘密はやはり「金利の高さ」です。

これらの通貨は金利が高く、高金利通貨として知られています。日本の円預金では金利はゼロコンマ数%(定期預金金利比較)であるにも関わらず、これらの高金利通貨の場合、数%~10%を超えるような水準で提供されているためです。

一方で、これらの通貨はあくまでもローカル通貨なので為替レートの値動きが激しいということも理解しておく必要があります。

 

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。