外貨預金運用ガイド

外貨預金運用ガイドでは、外貨預金を運用、預金するにあたっての運用の基本を解説していきます。外貨を買うタイミングや売るタイミング、外貨定期預金の始め方などを解説していきます。外貨預金を始める前に一度ご覧ください。

外貨預金を運用しよう

外貨預金の運用は大きく、外貨普通預金か外貨定期預金の購入となります。もちろん、外貨普通預金を買ってから、その普通預金資金を外貨定期預金に回すことももちろん可能です。
また、購入できる外貨(外国通貨)は銀行により多少差はありますが、沢山の種類があります。また、通貨によって様々な特徴もあります。

 

通貨の選択とポイント

外貨預金は選択する通貨によって金利はもちろんですが、為替レートの値動き、リスクなどが異なります。自分がどの通貨に投資するのを前もってしっかりと考えるようにしましょう。ここでは、外国通貨ごとの特徴や具体的なリスクなどを分かりやすく解説していきます。
>>通貨の選択とポイント

 

外貨購入のタイミング

外貨を購入するタイミングは基本的に「円高」になった時です。円高というのは円の価値が高いということを意味しており、相対的に購入する外貨の価値が低くなります。つまり、少ない円で沢山の外貨を買える状態です。外貨購入のタイミングをはかる方法を解説していきます。
>>外貨購入のタイミング

 

預入期間

預入期間は外貨定期預金をするときに決める預入期間です。預入期間が長くなるほど、通常は預金金利はアップしますが、その期間中は円に戻すことが原則できません。ここでは、外貨預金投資を始める際の預入期間の決め方のポイントを解説します。
>>預入期間

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。