外貨預金のメリット

外貨預金最大のメリットといえば、「日本円」というリスクを分散することができるという点と「通貨によっては預金だけで高金利を受け取ることができる」という点が大きなメリットといえるでしょう。グローバルな観点でみれば円という資産はアジアの一通貨です。円の価値が暴落すれば円建て資産の多くは無意味になってしまいます。そんなリスクに対する備えとして外貨預金は有効な投資の一つといえます。

外貨預金は通貨の分散投資

分散投資という言葉を聞いたことがないでしょうか?たった一つの資産にお金を集中させていると、万が一それがダメになった時のダメージが大きいのでいくつかに資産に分散しておきましょうという考えです。

ただ、私たち日本人の資産状況を見てみると、「預金」「債券」「投資信託」「株式投資」といった具合に商品別には分散していたとしても、多くの資産は「円建て」となっています。
つまり、円という通貨に万が一のことがあって価値が暴落した場合、保有する資産の多くの価値が無くなってしまうということになります。

一方資産の一部を「米ドル」「ユーロ」「豪ドル」といった外貨に分けていた場合はどうでしょうか?この場合、万が一、円の価値が下がっても、米ドルやユーロ、豪ドルといった外貨を保有することでそのリスクを分散することができるのです。

 

日本という国のリスクに対応できる

上記のとおり、外貨預金は通貨分散を行うことができる投資です。円建てで投資を行っている場合、万が一日本が破綻するような事態になれば資産の大部分が紙くずになってしまいます。
しかしながら、資産の一部を「外貨」として保有しておけばそいう言う場合でも価値を残すことができます。

今後どうなるかわからないというケースこそ、通貨分散をしておくことはリスクではなく、ヘッジ(保険)につながるのだと考えます。

 

インフレリスクに対応できる

また、インフレ(物価上昇)に対する抵抗力の強さも外貨預金(外貨投資)の魅力といえます。インフレが進むと為替レートは原則的に円安に進みます。そうしたことで資産の一部を外貨で保有しおくことは「リスクヘッジ(リスク分散)」につながるといえます。

 

低金利の日本円、高金利の豪ドル 高金利での運用はメリットか?

また、金利差という面でも外貨預金にはメリットがあります。「外貨預金の金利・利息」のところでも説明しましたが、日本の円預金の金利と比較して、高金利通貨で知られている「豪ドル」などの外貨預金、外貨定期預金の金利はかなり高い水準となっています。

あずけていてもほとんど金利がつかない円よりも有利な金利で運用できる外貨のほうが資産効率という面でメリットがある。と思われるかもしれませんが、実際のところそうではありません。

為替レートというものはこの金利というものを含んだ上で決定しています。そのため、現在の為替レートというものは現状の円と外貨の金利差まで含めた水準で決まっているのです。

極論ですが、まったく何も変化が無かった時、円金利が0%で豪ドルの金利が3%だとします。そして今の為替レートが1豪ドル=90円としましょう。
このとき1年後には87.37ドルにまで円高になると市場参加者は想定しているということになります。

そう考えると、金利差というものは既に処理されていると考えるべきなのです。

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。