外貨預金で銀行を徹底比較外貨預金の商品性外貨預金(通貨)の種類>英ポンド(イギリスポンド)の特徴と外貨預金

英ポンド(イギリスポンド)の特徴と外貨預金

イギリスの通貨です。世界主要通貨の一つです。欧州通貨であるユーロ(EUR)の登場で存在感は小さくなっているものの取引量は多いです。日本と同じ島国ですが、北海油田を有しており、資源国でもある点に注意が必要です。同じ欧州の通貨であるユーロの影響も受けやすい傾向があります。

英ポンド(イギリスポンド)と外貨預金

欧米ではメジャー通貨ですが、日本では取り扱いはややすくない通貨のようです。

 

英ポンド(イギリスポンド)の外貨預金が可能なおすすめの銀行

為替手数料は住信SBIネット銀行または楽天銀行あたりが安いです。

取り扱い銀行 為替手数料・備考
住信SBIネット銀行 40銭
じぶん銀行 取り扱いなし
楽天銀行 45銭
新生銀行 50~100銭 ※1
※1:新生ステップアッププログラムでグレードが上がる為替手数料が安くなります。

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。