住信SBIネット銀行の外貨預金

ネットバンクの中でも最低水準の為替手数料と、高金利の外貨預金金利を提供しています。

金利やコスト面だけであれば「GMOあおぞらネット銀行」に負けるのですが、住信SBIネット銀行の強みはSBI証券との連携や、VISAデビットカードを利用した外貨決済などに強みがある銀行となっています。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行公式ホームページ

【外貨預金】GMOあおぞらネット銀行

外貨預金パーフェクト比較

銀行名 為替手数料
(米ドル)
米ドル普通預金金利 外貨決済 取り扱い通貨数
住信SBIネット銀行 4銭 0.5%
9通貨
GMOあおぞらネット銀行 2銭 0.7%
×
8通貨
じぶん銀行 25銭 0.2%
×
8通貨
新生銀行 15銭 0.01%
×
13通貨
楽天銀行 25銭 0.01%
×
7通貨
三井住友銀行 50銭 0.4%
×
6通貨

上記の一覧比較を見ていただくと分かる通り、すべての水準はすべてのネットバンクの中でも高水準にあります。中でも大きな強みは外貨決済が可能だという点にあります。

 

住信SBIネット銀行の取り扱い外貨と為替手数料

下記は、住信SBIネット銀行が取り扱いしている主要な外貨通貨とその取引手数料です。全般的な評価として高く評価することができる銀行です。 特に、「為替手数料」という点では他のネットバンクを圧倒する水準となっています。

通貨の種類 為替手数料
米ドル 4銭
ユーロ 13銭
英ポンド 28銭
豪ドル 25銭
NZドル 25銭
カナダドル 25銭
スイスフラン 28銭
香港ドル 5銭
南アフリカランド 14銭

 

外貨預金を使った仕組預金

住信SBIネット銀行では、外貨普通預金、外貨定期預金以外の預金として「外貨仕組(定期)預金」というサービスを行っています。「コイントス」という元本通貨変動型円仕組預金と呼ばれる預金です。
これは、原則として円で運用されるのですが、為替レートの結果によっては満期時の受け取りが外貨となるというタイプの預金です。満期は1カ月程度と短いにも関わらず高金利が提供されています。

 

円だけでなく、「米ドル」経由でも他外貨の買い付けが可能

外貨預金は基本「円」を外国通貨に替えるという取引が主流ですが、住信SBIネット銀行ではこれだけではなく、米ドルを他の外貨通貨と両替することも可能になっています。
世界の基軸通貨である「米ドル」を中心とした為替取引も可能です。

 

絶対におすすめ!SBIカードを使って外貨決済

住信SBIネット銀行では、SBIカードを使って、同行の外貨預金口座から直接決済をすることができます。通常のクレジットカード決済の場合は、海外利用事務手数料がかかるのですが、SBIカードを使い、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から決済する設定にしておけばこの手数料もかからないのです。

住信SBIネット銀行は外貨預金の中でも屈指の低手数料で取引が可能です。言い換えれば為替手数料9銭でドルとの両替ができるのと同義になります(クレジットカードが使える商品に限りますが)。たとえば、海外サイトでショッピングをしているような方や海外旅行に良くいくという方はこの方法を活用することでかなりお得に外貨決済ができることになるのです。

なお、住信SBIネット銀行は2016年よりデビットカードの発行も行っています。米ドルに限りますが、外貨での決済がそのまま可能というのも大きな魅力です。詳しくは「海外での利用に強い住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード」もご覧ください。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行公式ホームページ

 

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。