楽天銀行の外貨預金

楽天銀行は旧イーバンク銀行で、こちらも外貨預金には力を入れています。手数料・金利・取り扱い通貨数など住信SBIネット銀行やソニー銀行には劣るものの高い水準となっています。ネットバクの中では口座数はNo1の銀行で使い勝手は良いので、普段使いの銀行と外貨運用を一緒にしたいという方におすすめ。

楽天銀行
楽天銀行公式ホームページ

外貨預金パーフェクト比較

銀行名 取扱通貨数 為替手数料
(米ドル)
外貨決済 外貨普通預金・定期預金金利(米ドル)
普通
3カ月
6カ月
1年
住信SBIネット銀行              
新生銀行              
楽天銀行              
三菱東京UFJ銀行              
 

外貨預金の為替手数料、片道25銭~という水準は銀行全体でみればかなり割安な水準となっています。取り扱いの通貨数も主要通貨は抑えています。 外貨預金関連の仕組預金も用意されているので、積極的な運用をしたいという方にもおすすめできます。

 

楽天銀行の取り扱い外貨と為替手数料

下記は、楽天銀行が取り扱いしている主要な外貨通貨とその取引手数料です。全般的な評価として高く評価することができる銀行です。

通貨の種類 為替手数料
米ドル 25銭
ユーロ 25銭
英ポンド 45銭
豪ドル 45銭
NZドル 45銭
南アフリカランド 30銭
メキシコペソ 20銭
中国人民元 20銭

(上記手数料情報は2013年8月調査時点のものとなっております。詳しくは公式ホームページ等でご確認ください)

 

楽天銀行
楽天銀行公式ホームページ

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。