GMOあおぞらネット銀行の外貨預金

GMOあおぞらネット銀行は、2018年に開業した新しいネットバンクです。GMOインターネットと、あおぞら銀行が連携した銀行となっており、外貨預金にはかなり力を入れています。

ネットバンクの中でも最低水準となる米ドルの為替手数料は片道2銭と全ネットバンクの中でも安い水準となっています。米ドル預金金利も高めに設定されているのはうれしいところですね。

ちなみに、ネット証券であるGMOクリック証券とも「証券コネクト口座」などで連携が可能となっており、今後の外貨の運用といったところでも大いに期待できるネット銀行となっています。

>>GMOあおぞらネット銀行公式ホームページ

【外貨預金】GMOあおぞらネット銀行

外貨預金パーフェクト比較

銀行名 為替手数料
(米ドル)
米ドル普通預金金利 外貨決済 取り扱い通貨数
住信SBIネット銀行 4銭 0.5%
9通貨
GMOあおぞらネット銀行 2銭 0.7%
×
8通貨
じぶん銀行 25銭 0.2%
×
8通貨
新生銀行 15銭 0.01%
×
13通貨
楽天銀行 25銭 0.01%
×
7通貨
三井住友銀行 50銭 0.4%
×
6通貨

他のネット銀行、都市銀行と比較して圧倒的な為替手数料の安さは魅力的です。都市銀行と比較すると1/25という水準です!

 

GMOあおぞらネット銀行の外貨預金サービス

強みとしては手数料の安さと、金利という両面を兼ね備えています。

今のところ、外貨預金を住信SBIネット銀行のように「決済(ドル決済など)」に使うことができないという点は弱みといえますが、純粋に外貨預金として運用したいというのであれば最もおすすめできる銀行だといえそうです。

取り扱い通貨

通貨の種類 為替手数料
米ドル 2銭
ユーロ 10銭
英ポンド 15銭
豪ドル 15銭
NZドル 15銭
スイスフラン 20銭
南アフリカランド 7銭

 

GMOあおぞらネット銀行のカスタマーステージ

GMOあおぞらネット銀行は「カスタマーステージ」という銀行の利用状況に合わせた優待プログラムが用意されています。

1テックま君~4テックま君までがあり、2テックま君以上になると外貨預金の金利に優遇サービスがプラスとなります。

ちなみに、2テックま君は外貨預金1万円以上で達成、3テックま君は外貨預金50万年以上で達成となります。外貨預金をする人からすれば比較的簡単な条件で満たせるのはうれしいですね!

>>GMOあおぞらネット銀行公式ホームページ

 

注意事項・免責
当サイトでは、外貨預金や外貨投資に関する情報を掲載しておりますが、特定国の通貨投資を推奨するものではありません。外貨預金は為替リスクのある投資商品です。運用によっては元本を下回ることもあります。
投資はすべて自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。